運転免許取得のいい感じ | わたさびのサイト

なかなか合格できなかったわけ

私はクルマの免許を取得するのにすごく手間取ってしまいました。

 

最後の筆記試験になかなか合格できなかったのです。それは3回に及びました。

 

なぜか。結論から申し上げますと「解き方を習っていなかった」からです。そんなことが本当にありました。

 

教習所には、最後まで修了すると検定試験対策という名目で授業を行ってくれるシステムがありますが、その時の出席者は私だけでした。マンツーマンでの指導だったので教官もリラックスしていたのか、笑いが絶えない試験対策授業になったことを覚えています。

 

しかしそれが私の検定結果に左右したのです。

 

最後の選択問題の解き方が全く分からなかったのです。説明を聞いても、合っているものにマルをすればいいだけなのか、間違っているものにもバツをつけるのかが判然としません。私は困ってしまって間違った解き方で回答してしまいました。そこの配分は10点だったので、そこをまるまる不正解になった私は、結果的には他の問題で満点を取らなければ合格できなかったのです。そして連日の挑戦も虚しく3回の不合格。私は教習所に行って最後の問題の解き方を教えてもらいました。その教官は申し訳なさそうに教えてくれました。そして翌日の試験で無事に合格。何とも後味の悪い免許取得になりました。しかし帰宅すると家族が温かく迎えてくれ、夕飯は寿司を食べに行ったのは良い思い出です。