学生に混じって無事卒業できました

学生に混じって無事卒業できました

"20代後半で運転免許得をとることを決意しました。
引っ越してから自転車で通えるところにあったので通学は便利でした。
雨の日はスクールバスが運行していましたので、助かりました。
ただ、免許試験場は通いにくいところにあり、朝早くから起きて、電車からバスを乗り継ぎ、後半は歩きという遠い場所にあったので、大変でした。
冬だったので余計に辛かったです。
試験場は怖い雰囲気だと感じました。
試験官も怖い顔をしているように見えましたし、言葉もキツかったような印象が残っています。
刑務所のような感じを受けました。
試験結果は無事一発合格で安心しました。
もう一度この場所に来る道のりも大変なのと、またお金がかかるから失敗はしたくなかったです。
ただただ緊張しました。
合否がわかるまでの時間が長いのもしんどかったです。
試験の前も、かなり時間があり、待ちくたびれました。
雑誌を買って、持っていったのですが、肝心の教本を忘れてしまい、恥ずかしかったです。
試験前は教本を読んで予習している方が多かったので。
教習所は、楽でした。

学生や年下の若い子が多かったので、気にしていましたが、行ってみれば、それほど接点もなく、気にしなくても大丈夫でした。
雑誌や自販機や喫煙所があったので、息抜きできるような空間でした。
以外に、話しかけられたり、その場だけの友達ができたことも嬉しかったです。"